維新の会もほぼ終わり

政治の混乱に乗じて一気に議席を伸ばした日本維新の会だが、合流を巡る騒動であっさりと潰れそうな印象させ伺える。何よりも共同代表の2人が全く違う立場をとることになっていることが問題である。石原と橋本は両立できないと思っていたが、結果的に価値観の違いというのが見えてしまった感じである

日本維新の会は順調に行けば相当な勢力になる可能性もあったが、これでその可能性は失った。後は分裂によって縮小していくことになり、最終的には党自体が無くなってしまうことも考えられるだろう

維新の会としてはある程度の精力を保ちながら、来年の統一地方選に向けて頑張っていきたい所だったのだろう。しかし結いの党との合流は認められないという石原側を崩すことができず、最終的に分裂ということになった。今後は旧太陽側と維新側に分かれて活動することになり、国民の信頼を得ることはできなくなるだろう

これで事実上維新の会は終わったも同然となった。後は何時消滅ということになるかが焦点だろう