外食・調理品も注意していかないと…。

中国の工場にて、期限切れ肉を普通に原料とした製品が出荷されていた件について、
これまでの日常生活の中で、外食や出来合いもの(弁当など)は、
生産地なんて考えて購入していた人は少ないだろう。
しかし、このような事実が公になってしまった以上、
誰しもが生産地を意識していかないといけないだろう。
さらに、外食業・弁当などを売っている小売業者も、
すべての食材の生産地を明記して販売していかなければ、
消費者の信頼性が薄れ、
その企業の衰退を助長していくのではないだろうか。

しかし、中国。
従業員の勝手な判断などではなく、
企業の組織的な犯行の線が強いようで…。
安全性より利益重視。
韓国もそのような傾向がある。

このような商品を輸入し、用いていくには、
相手企業を数回の査察などで判断せず、
日本企業の常駐による監視等、
抜本的な対策を打ち出さない限り、
同じことの繰り返しにしかならないと思う。

今回発覚した、上海福喜食品以外の中国企業から輸入している日本企業は多々あるだろう。
その企業にも対策を立ててもらい、日本企業の信頼性を高めていってほしい。