人はみな、自分はだまされていないと思う。

私この佐村河内と言う人のドキュメントを偶然見ている。
私騙されなかった方と言うか、何か変と言うか、とてつもない違和感をこの人に感じていた一人なのかもしれません。

そのドキュメンタリーを見る前まではこの方の事を全く知りもしないし、情報を一切ない状態で番組途中から見る事になりました。

見るという表現はおかしいのです、
TVが流れている間中、私はナレーションやこの人の話を聞いていたと言った方が良い程度、流し見をしていました。
作業をしてたんです。

時々作業をサボり画面を見る事もあり、落書きのような譜面だったり、彼の製作過程などを見たわけです。

私自身、耳が聞こえない人という意識がないわけですから、ナレーション、本人が語る言葉がはっきり聞こえるんで、この人の何が凄くてドキュメンタリーなんだろうと言う気持ちが湧いてきました。

番組のテロップか何かで、全聾の天才作曲家と言うのを見て、それでドキュメンタリーかと思ったのです。
けど待てよと言う疑問符がメキメキと湧いてきたのですが

聾唖の障害のお持ちの人には悪いのですが、喋る言葉がどうしても聞きづらい、聞きづらいとどうしても心地が悪くなってチャンネル自体を変えてしまう事があるのです、けどこのドキュメンタリーにはそういった事がなかった。

なので私は、とてつもなく良い補聴器を使うとか、何かしらの力か何かを借りればしっかり聞こえるんだろうなと思っていたんです。
その番組の佐村河内さんの話し声が普通すぎて聞きやすいほどだったからです。
そんなに耳悪くないじゃん、って感想です。

そう私も耳が聞こえていないと言う事を信じたかったわけです。
障害をお持ちの人、聾唖の人が嘘を言うわけが無いと、思い込もうとしたわけです。

疑っていたはずの私でさえ聞こえてないと思い込もうとしたのですから、気持ちの素直な人は
頑張ってる、耳が聞こえてないのに凄いと言って信じますよね、それに後押ししたのが被爆2世。

マスコミが煽り上げて、誰も騙されているなんて思いませんよね。
みんな信じたい。
障害持っている人を疑う人もいない、そんな所を上手く利用されたんですね。

取材した人が悪いわけでもないし、煽ったマスコミが悪いわけでもない
誰も勝利者側に行けない、切ない話になってしまいましたね。

シャンプー『ティモテ』が日本再上陸!懐かしい!

ニュースを見て、真っ先に「懐かしいなぁ~!!」と思いました。
昔のティモテの「ティモテ、ティモテ、マイルド~!ティモ、テ(語尾が跳ねるように上がる)」っていう歌、今でも覚えているくらいです。
いつのまにか消えてしまったけれど、また復活するんですね。

しかも今、ちょうど大手以外から出て流行っているノンシリコンで再デビューとは、ビックリです。

昔は、ティモテが自然派のシャンプーだと知らずに、ただあのCMが流れるたびに振り返って見入るほど好きでしたが、市場でもかなり人気があったんですね。

当時は学生で、実家で過ごしていたので自分でシャンプーを選ぶことはなかったのですが、今はシャンプーを選ぶのは主に私なので、4月に発売されたら、ぜひ使ってみたいです。